一般書&ムック

~2021年「世界経済リスク」入門

渡邉哲也/著


発売日:2019年12月25日
ISBN:978-4-19-864994-4
判型/仕様:四六判
定価:本体1,500円+税

 内容紹介

2021年までの大激震がわかる! 香港から台湾に飛び火する反中意識、英国は12月の総選挙でブレグジット確実、1月31日にEU離脱実現も。欧州大陸と決別する英国は再び東を目指し、英米連携で香港への介入を強化していく。EUはドイツ銀行の危機から分裂へと進み、グローバリズムはついに終焉する。米中衝突からGAFA凋落、第3次ITバブル崩壊、金融連鎖崩壊、欧州分裂と中東紛争等、世界に起こる危機を解説!

はじめに──分断される世界と迫りくるリスク


第1章 香港と台湾から火を噴く中国リスク

◎いつまでも終わらない香港の大混乱
◎中国の介入強化とアメリカの香港人権法成立の影響
◎香港の金融センター機能が壊れれば中国経済は崩壊
◎香港企業に介入する中国政府
◎台湾孤立化を画策する中国とアメリカの反撃
◎ヨーロッパでも広がる中国批判と香港・台湾支持
◎ブレグジット後に英米の香港・台湾への介入が強まる
◎アメリカが台湾独立を認めたとき何が起こるか ほか


第2章 泥沼の米中貿易戦争の結末

◎米中貿易戦争は終わらない
◎スタグフレーションに突入した中国
◎ファーウェイはつぶれるのか
◎次世代通信、次々世代通信をめぐる攻防
◎中国を封じ込めるルールづくり
◎アジアに軸足を移すイギリスと日米の連携
◎中国から世界の分断が始まる ほか


第3章 第3次ITバブル崩壊とGAFAの終焉

◎ソフトバンクに見るベンチャー投資の終焉
◎投資不適格の格付けを受けているソフトバンクグループ
◎リセッション懸念から回避されるLBO
◎CLOという爆弾が破裂する
◎GAFAもベンチャー買収モデルで巨大化した企業
◎グローバル企業は国家によってつぶされる
◎次々と挫折するGAFAの新事業
◎アメリカ大統領選でさらにGAFA包囲網が強まる
◎中国企業とともにGAFAも沈没
◎ファブレスモデルのリスク ほか


第4章 世界に迫る金融危機の連鎖

◎始まったヨーロッパのデレバレッジ
◎いまだ終わらないCOCO債ショック
◎中国で頻発する取り付け騒ぎ
◎仮想通貨バブルの終焉
◎リブラは復活できるのか
◎中国「デジタル人民元」による通貨覇権はあるか ほか


第5章 これから始まる世界大分裂

◎民主党混戦でアメリカ大統領選挙はどうなる
◎ネオコン(ディープ・ステート)の終わり
◎トランプ弾劾の行方
◎見捨てられる韓国と北朝鮮問題
◎中東の火薬庫が爆発する可能性
◎中東に影を落とす親米イスラエルの政治混乱
◎ブレグジット後のヨーロッパはこう変わる
◎EUで起こっている中道没落と「極右・極左」躍進の意味
◎先祖返りする世界 ほか

 著者プロフィール

渡邉哲也
作家・経済評論家。1969年生まれ。日本大学法学部経営法学科卒業。貿易会社に勤務した後、独立。複数の企業運営などに携わる。大手掲示板での欧米経済、韓国経済などの評論が話題となり、2009年、『本当にヤバイ!欧州経済』(彩図社)を出版、欧州危機を警告し大反響を呼んだ。内外の経済・政治情勢のリサーチや分析に定評があり、さまざまな政策立案の支援から、雑誌の企画・監修まで幅広く活動を行っている。『これからすごいことになる日本経済』『パナマ文書』『決裂する世界で始まる金融制裁戦争』(以上、徳間書店)などベストセラー多数。その他、『これからヤバイ 米中貿易戦争』『「中国大崩壊」入門』『「韓国大破滅」入門』(徳間書店)、『あと5年で銀行は半分以下になる』(PHP研究所)、『GAFA VS. 中国』(ビジネス社)など話題作を次々と世に送り出している。

 関連書籍