文芸書

ノッキンオン・ロックドドア2

青崎有吾/著


発売日:2019年11月22日
ISBN:978-4-19-864967-8
判型/仕様:四六判
定価:本体1,600円+税

 内容紹介

解かないほうがいい謎なんて
この世には存在しない。

若きミステリー作家が描く
最高のダブル探偵シリーズ、第2弾!

不可能な謎専門の御殿場倒理(ごてんばとうり)
不可解な謎専門の片無氷雨(かたなしひさめ)

密室事件と思いきや
壁には巨大な穴が開けられていた。
犯人の目的とは?(「穴の開いた密室」)、
トンネルに入った女子高生が忽然と姿を消した。
彼女は一体どこへ?(「消える少女追う少女」)
など全6篇を収録!


目次

穴の開いた密室
時計にまつわるいくつかの噓
穿地警部補、事件です
消える少女追う少女
最も間抜けな溺死体
ドアの鍵を開けるとき

 著者プロフィール

青崎有吾
1991年神奈川県生まれ。明治大学卒業。2012年『体育館の殺人』で第22回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。著書に『水族館の殺人』『風ヶ丘五十円玉祭りの謎』『図書館の殺人』『早朝始発の殺風景』の他、「アンデッドガール・マーダーファルス」シリーズがある。

 関連書籍