文芸書

通夜女

大山淳子/著


発売日:2019年10月31日
ISBN:978-4-19-864950-0
判型/仕様:四六判
定価:本体1,600円+税

 内容紹介

小夜子24歳。
無職。
趣味は通夜へ行くこと。

葬儀場で人生が変わる!

◆通夜女3カ条◆
・通夜の空間を演出し、遺族を慰める。
・焼香を済ませ、
 通夜ぶるまいを食べたらそっと消える。
・通夜女が現れると葬儀社が儲かるらしい。

就職活動に失敗し、心がぽっきり折れた小夜子は、
ふらりと通夜に立ち寄る。
会場には香の匂いとお経、木魚のリズム、
そしてすすり泣く声が――。
そこには奇妙な老婆がいた。
通夜を渡り歩き、遺族を慰める「通夜女(つやめ)」
だと彼女は名乗る。
さまざまな葬儀を通夜女と訪れるうちに、
小夜子の心に変化が訪れる。

【目次】
香とイクラ
ならず者
矢印に導かれて
五千円
ほくろの婆さん
骨壺プリン
通夜レディ
なま土下座
ポケットティッシュ
太陽
ごめんで済むなら
卒業
六年後

 著者プロフィール

大山淳子
東京都生まれ。映画脚本『三日月夜話』で第32回城戸賞受賞。シナリオ『通夜女』で第12回函館港イルミナシオン映画祭グランプリ受賞。『猫弁 死体の身代金』で第3回TBS・講談社ドラマ原作大賞を受賞しデビュー。『猫弁』シリーズ、『あずかりやさん』シリーズの他に『雪猫』『イーヨくんの結婚生活』『猫は抱くもの』『赤い靴』などがある。