一般書&ムック

日韓戦争を自衛隊はどう戦うか

兵頭二十八/著


発売日:2019年04月10日
ISBN:978-4-19-864837-4
判型/仕様:四六判
定価:本体1,700円+税

 内容紹介

日米韓で北朝鮮に対抗するこれまでの同盟関係は文在寅政権によって破壊された。わが国がこれから直面するのは韓国・中国・北朝鮮による《三国同時事態》である。この地政学的急変に既存の攻撃ヘリ部隊では対応できない。エンブラエル社の固定翼軽攻撃機(ライトアタック)「スーパーツカノ」ならば長時間滞空して沿岸監視や敵情偵察、自衛空戦も可能。ヘリ部隊を廃止し、ライトアタック機に機種転換して陸上自衛隊を「軽空軍化」せよという衝撃の提言。

 著者プロフィール

兵頭二十八
1960年長野市生まれ。陸上自衛隊第2戦車大隊(当時)に2年間勤務した後、神奈川大学英語英文科、東京工業大学社会工学専攻博士前期課程(江頭淳夫研究室)、月刊『戦車マガジン』編集部などを経て、現在は作家・評論家。著書に『日本転覆テロの怖すぎる手口――スリーパー・セルからローンウルフまで』『隣の大国をどう斬り伏せるか――超訳クラウゼヴィッツ「戦争論」』『「日本陸海軍」失敗の本質』(以上、PHP研究所)、『アメリカ大統領戦記』(2巻・草思社)、『AI戦争論』(飛鳥新社)、『米中「AI大戦」――地球最後の覇権はこうして決まる』(並木書房)、『日本史の謎は地政学で解ける』(祥伝社)、『精解 五輪書』(新紀元社)、『東京と神戸に核ミサイルが落ちたとき所沢と大阪はどうなる』(講談社)、『「地政学」は殺傷力のある武器である。』『日本の兵器が世界を救う』『空母を持って自衛隊は何をするのか』(以上、徳間書店)など多数。函館市に居住。

 関連書籍