一般書&ムック

バカ映画一直線!

河崎実監督のすばらしき世界

河崎実/著


発売日:2019年03月20日
ISBN:978-4-19-864818-3
判型/仕様:四六判
定価:本体2,000円+税

 内容紹介

日本のB級バカ映画の巨匠「河崎実監督」の代表作「電エース」シリーズが30周年。河崎実監督自身が主演で、身長2000mの巨人となって怪獣と戦う特撮ヒーロー物。出演キャストである斎藤工・酒井一圭(純烈)・高野八誠・飯伏幸太などイケメン俳優、中川翔子・壇蜜らアイドルの秘蔵写真をカラー口絵で掲載。2007年以降の作品製作秘話、手書き脚本BARBEEBOYSイマサとの対談、電エース漫画など、盛りだくさんのメモリアルブック。

 著者プロフィール

河崎実
1958年東京都原宿生まれ。明治大学在学中から特撮8ミリ映画を製作。卒業後CMプロデューサーを経て森田健作の復活プロデュースを機にフリーとなり「地球防衛少女イコちゃん」(87)でプロデビュー。映画『いかレスラー』(04)『コアラ課長』『かにゴールキーパー』(06)の不条理シリーズで各国映画祭に招待される。筒井康隆原作の『日本以外全部沈没』は第16回東京スポーツ映画大賞特別作品賞を受賞。2008年は松竹で怪獣映画『ギララの逆襲洞爺湖サミット危機一発』公開し、ヴェネチア国際映画祭に公式招待。2009年は日本映画批評家大賞の特別敢闘賞を受賞。ほかにモト冬樹主演『ヅラ刑事』(06)『猫ラーメン大将』『髪がかり』(08)、AKB48メンバー主演『地球防衛ガールズP9』(11)、壇蜜主演の『地球防衛未亡人』(14)。『アウターマン』(15)、TV「怪獣酒場カンパーイ!」(15)、『大怪獣モノ』(16)、『干支天使チアラット」(17)「乳首ドリルの逆襲」(18)。日本一のバカ映画の巨匠と呼ばれている。