一般書&ムック

定年後の仕事は40代で決めなさい

逃げ切れない世代のキャリア改造計画

原正紀/著


発売日:2019年04月27日
ISBN:978-4-19-864781-0
判型/仕様:四六判
定価:本体1,650円+税

 内容紹介

あと20年以上、このまま働けるのか?
不安に思ったら読むキャリアの教科書

「終身雇用を続けるのは難しい」と
経団連会長が発言したように
雇用システムは大きく変化し、
一生ひとつの会社で働き続けるのが
「普通ではない」時代がやってきます。

その時代は、人口減少や高齢化社会の影響で
年金や医療制度などが弱体化し、
70歳ぐらいまで働くのが当たり前の時代。
科学技術の進歩で多くの仕事が
AIやロボットに取ってかわられ、
グローバル化で外国人の働き手が増える
状況も予測されています。

そんな時代に、あなたはいまの仕事を
続けられていると想像できますか?

特に終身雇用の「残り香」を知るものの、
その恩恵にはあずかれない40代、50代は、
今後どう働いていくかの決断が迫られています。

もし不安に思うなら、本書を読んで、
あなたの武器、やりたいことを再発見し、
自分が幸せだと思う未来を思い描いてみませんか?

第1章 10年後の現実
「会社」から「自分」へと軸を変える
ミドル・シニアこそ自己分析が必要     ほか

第2章 これからの4つの働き方
この時代ならではの4つの選択肢
自分のなかにある答えを見つける      ほか

第3章 自分の軸を持つ唯一の方法
未来の自分を知るために、過去の自分を知ろう
自分の「隠れ資産」を見つけ出せ      ほか

第4章 継続雇用という選択
先を読め、この組織で未来に起こること
「役割」と「働く意味」を考える      ほか

第5章 転職という選択
枠を飛び出す「ノミ」になる
「過信」「自己中心」を疑え        ほか

第6章 兼業・副業という選択
二者択一だけが人生ではない
人生を二毛作的に生きてみる        ほか

第7章 独立(フリーランス)という選択
我がなすことは我のみぞ知る
フリーランスという働き方は満足度が高い  ほか

第8章 独立(起業)という選択
ジェネラリストよりスペシャリストで
営利組織が非営利組織か          ほか

第9章 キャリアの選択と大事な4要素
天職にめぐりあえるか
充実した人生を歩むための4つの要素    ほか

第10章 自分だけの輝く道へ
働くこと、成長することが楽しめる時代に
「トリプルキャリア」で充実させる     ほか

 著者プロフィール

原正紀
株式会社クオリティ・オブ・ライフ代表取締役。早稲田大学法学部卒業後、大手メーカーを経てリクルートへ入社。企業や官公庁、大学などへの提案活動を行なった後に、現在の会社を起業。企業への採用・定着・育成・人事制度構築などに関する活動のほか、これまで多数の経営者や個人と面談。人と組織のベストマッチングや、若者からシニアまでの個人のキャリア支援などを行なっている。高知大学客員教授(キャリア論)、成城大学非常勤講師(起業論)、一般社団法人留学生支援ネットワーク理事、一般社団法人産学協働人材育成コンソーシアム理事、株式会社沖縄QOL代表取締役、株式会社スマートバリュー社外取締役、GCDFキャリアカウンセラー、中小企業診断士(経営コンサルタント)、ITコーディネーターなどに従事。ダイバーシティアンバサダー(経済産業省)、キャリア教育評価委員(文部科学省、経済産業省)、働き方改革委員(厚生労働省)、人手不足対応研究会(中小企業庁)、多様な人材活躍委員会(東京商工会議所)、兼業副業検討委員会・座長(関東経済産業局)などの国の委員のほか、東京都、静岡県、石川県、島根県、沖縄県などの雇用関係委員などを務める。