一般書&ムック

増補改訂版 地球はウルトラマンの星 ティガ編

切通理作/著


発売日:2019年03月20日
ISBN:978-4-19-864756-8
判型/仕様:A5判
定価:本体2,750円+税

 内容紹介

「ウルトラマンティガ」「ウルトラマンダイナ」「ウルトラマンガイア」平成ウルトラマンシリーズ初期3部作のスタッフ&キャスト総勢36名にインタビューをした切通理作氏の著書「地球はウルトラマンの星」が、約20年の時を経て、2冊に分け新規インタビューを収録し増補改訂版として新たに刊行されます! 新規インタビューには、スーツアクター・殺陣師座談会(権藤俊輔/中村浩二/三宅敏夫/二家本辰己)と作曲家・矢野立美インタビューを収録!

 著者プロフィール

切通理作
1964年生。文筆家。1993年『怪獣使いと少年ウルトラマンの作家たち』(宝島社/洋泉社より増補新装版)で著作デビュー。批評集『お前がセカイを殺したいなら』『ある朝、セカイは死んでいた』(フィルムアート社)『情緒論~セカイをそのまま見るということ』(春秋社)で映画、コミック、音楽、文学、社会問題をクロスオーバー。『宮崎駿の<世界>』(ちくま新書)でサントリー学芸賞受賞、続いて『山田洋次の〈世界〉幻風景を追って』刊行。「キネマ旬報」「映画秘宝」「映画芸術」等に評や取材記事、各新聞週刊誌で時評・書評・コラムを執筆。「ハイパーホビー」「東映ヒーローMAX」「特撮秘宝」等で特撮についても多く執筆。『特撮黙示録1995-2001』(太田出版)、『本多猪四郎無冠の巨匠』『怪獣少年の〈復讐〉70年代怪獣ブームの光と影』(洋泉社)、『少年宇宙人平成ウルトラマン監督原田昌樹と映像の職人たち』(二見書房)等の著書・編著がある。日本映画批評メルマガ『映画の友よ』(夜間飛行)を配信中。初監督作品『青春夜話 Amazing Place』(アルバトロスでDVD化)、責任編集の雑誌『シネ★マみれ』を作る。

 関連書籍