一般書&ムック

ヤクザと東京五輪2020

巨大利権と暴力の抗争

竹垣悟/著 宮崎学/著


発売日:2018年12月11日
ISBN:978-4-19-864742-1
判型/仕様:四六判
定価:本体1,500円+税

 内容紹介

2020年『東京五輪』。開催に向けて暴力団排除がますます進む中、国家規模の超巨大イベントから滴る甘い汁をヤクザは啜(すする)ことができるのか――――初代竹中組、中野会、初代古川組で極道黄金期を生きた俠が、「黒い利権」の一部始終と「今」を明かした!

 著者プロフィール

竹垣悟
1951年生まれ、兵庫県姫路市出身。元義竜会会長。渡世の所作を四代目山口組・竹中正久組長より学ぶ。初代竹中組組長秘書、のちに竹中武組長の下で若頭補佐、中野会若頭補佐、古川組舎弟頭補佐を歴任。2005年に二代目古川組の盃を拒否して破門処分となり、カタギとなる。現在は暴力団員の更生を支援するNPO法人「五仁會」代表。初の著書『極道ぶっちゃけ話―「三つの山口組」と私』(イースト・プレス)は、発売即4刷の大ヒットとなった。任俠道の新たな形を模索し、清掃活動や学童の通学援助などで地域社会に貢献する他、執筆、新聞・テレビなどのコメンテーターとして活躍中。

 著者プロフィール

宮崎学
1945年、京都府生まれ。早稲田大学中退。父は伏見のヤクザで土建業を営む寺村組組長。早稲田大学在学中は学生運動に没頭し、共産系ゲバルト部隊隊長として名を馳せる。週刊誌記者を経て実家の建築解体業を継ぐが倒産。84年からの「グリコ・森永事件」では、犯人のキツネ目の男に酷似していたことから、最重要参考人「M」として事情聴取を受ける。半生を綴った、衝撃のデビュー作『突破者』は15万部の大ヒットとなる。以後旺盛な執筆・言論活動を続ける。近著に『山口組と日本結成103年の通史から近代を読む』(祥伝社)がある。