一般書&ムック

カタカムナでめぐる聖地巡礼

越智啓子/著 吉野信子/著


発売日:2018年12月22日
ISBN:978-4-19-864740-7
判型/仕様:四六判
定価:本体1,700円+税

 内容紹介

超古代文明とされるカタカムナ。魂の精神科医として人気の越智啓子さんとカタカムナ研究家の吉野信子さんが、カタカムナにゆかりのある場所をめぐって、神々やその土地にまつわるエネルギーについて読み解きをしていく。日本という場所はどういう場所なのか、琉球が地球の中心と言われるのはなぜか、日本人とは?いのちとは?…… 導かれるように弥山、薩摩、富士山などをめぐっていきます。言霊、数霊、形霊を現代で体験していく魂の旅です。

 著者プロフィール

越智啓子
精神科医。東京女子医科大学卒業。東京大学附属病院精神科で研修後、ロンドン大学附属モズレー病院に留学。帰国後、国立精神神経センター武蔵病院、東京都児童相談センターなどに勤務。1995年、東京で「啓子メンタルクリニック」を開業。99年沖縄へ移住。過去生療法、アロマセラピー、クリスタルヒーリング、ヴォイスヒーリングなどを取り入れた、新しいカウンセリング治療を行う。現在、沖縄県恩納村にあるクリニックを併設した癒しと遊びと創造の広場「天の舞」「海の舞」を拠点に、クライアントの心(魂)の治療をしながら、全国各地で講演会やセミナーを開催し、人気を呼んでいる。代表作『人生のしくみ』(徳間書店)や『ゆるゆるの法則』(徳間書店)など著書多数。

 著者プロフィール

吉野信子
カタカムナ研究家。カタカムナの思念表著作者。カタカムナ学校長。太古の日本に存在した文明「カタカムナ」の研究に打ち込み、48音の思念を読み解き、検証し、「カタカムナ48音の思念(言霊)表」を発見した。2003年より日本ゴールボールチームを通訳兼スタッフとしてサポート。2012年のロンドンパラリンピック大会では、カタカムナの思念を用いた言霊の力で、日本女子ゴールボールチームを念願の金メダル獲得へと導いた。2018年4月に「カタカムナ学校」を開校。自身が校長を務め、講師養成講座を通してカタカムナを世界に広める活動を行っている。著書に『カタカムナ言霊の超法則』『カタカムナ数霊の超叡智』(徳間書店)がある。

 関連書籍