一般書&ムック

ハマる縄文!?

PHOTO BOOK

山岡信貴/著


発売日:2018年09月11日
ISBN:978-4-19-864684-4
判型/仕様:A5判変型
定価:本体1,400円+税

 内容紹介

こんな縄文、見たことない!
縄文土器や土偶は、教科書に載っている国宝、重文などの有名なものだけではない。全国各地の出土品を見ていくと、考古学者がスルーするようなマイナーながら、とてもユニークなものが山ほどある。映画「縄文にハマる人々」監督の著者が、全国をめぐり、ユニークな観点で土器・土偶を紹介するフォトブック。あらゆる人をトリコにする「縄文」の不思議な魔力を感じるとともに、思わずくすっと楽めます!

 著者プロフィール

山岡信貴
1993年に初処女長編映画「PICKLEDPUNK」を監督。ベルリン映画祭ほか多数の映画祭に招待上映される。以後も実験的なスタイルを貫きながら定期的に作品を発表し続けつつ、携帯電話キャリアと共に視覚の心理状態への影響の研究やデバイス開発等、サイエンスの分野にも積極的に取り組んでいる。2013年にはロサンゼルスのIndependentfilmmakersshowcaseにて全長編作品のレトロスペクティブが開催された。主な長編監督作品は、「Zeki,FlorianandKelly!」(1997年)マドリッド国際映画祭他正式招待作品、「PIG‘SINFERNO」(2000年)リオデジャネイロ国際映画祭他正式招待作品、「ソラノ」(2005年)シンガポール国際映画祭他正式招待作品、「天然性侵略と模造愛」(2005年)プサン国際映画祭他正式招待作品、「死なない子供、荒川修作」(2010年)ハンブルグジャパンフェス招待作品。2018年7月より「縄文にハマる人々」が全国で順次公開中。