文芸書

発売予定

なぜ柳家さん喬は柳家喬太郎の師匠なのか?

柳家さん喬/著 柳家喬太郎/著


発売日:2018年08月29日
ISBN:978-4-19-864633-2
判型/仕様:四六判
定価:本体1,700円+税

 内容紹介

師・小さんの芸を受け継ぐ本寸法の古典落語が持ち味の柳家さん喬。その一番弟子、爆笑新作落語を得意とする喬太郎。二人は、あまりに芸風の違う師弟として落語ファンの中では有名だ。なぜそのような二人が師弟関係を結んだのか。どのように、芸は受け継がれているのか。落語における親子のあり方とは、どのようなものなのか。さん喬、喬太郎が初めてじっくり語り合う! 「とうとう“この件”が一冊の本になってしまった…」(柳家喬太郎)

 著者プロフィール

柳家さん喬
1948年、東京都墨田区本所生まれ。中央大学付属高等学校を卒業後、67年に5代目柳家小さんの23番目の弟子として入門。前座名は「小稲」。当初から端正で本寸法の落語家として頭角を現す。72年、二つ目に昇進し「さん喬」と改名、81年に真打昇進。2013年第63回芸術選奨文部科学大臣賞(大衆芸能部門)、14年第42回国際交流基金賞ほか、受賞多数。落語の海外普及に努め、16年には平成28年度文化庁文化交流使としてアメリカ、カナダを回った。17年、紫綬褒章受章。06年から落語協会常任理事を務める。

 著者プロフィール

柳家喬太郎
1963年、東京都世田谷区生まれ。日本大学商学部卒業後、書店勤務を経て89年に柳家さん喬に弟子入り。前座名は「さん坊」。93年、二つ目に昇進し「喬太郎」と改名。新作、古典を縦横に演じ高い評価を得る。2000年、真打昇進。01年彩の国落語大賞、05年~07年国立演芸場花形演芸会大賞、06年芸術選奨文部科学大臣新人賞(大衆芸能部門)ほか、受賞多数。近年では、映画や芝居に挑戦するなど活躍の場を広げている。14年から落語協会理事を務める。