一般書&ムック

空母を持って自衛隊は何をするのか

朝鮮半島危機後の安全保障を再考する

兵頭二十八/著


発売日:2018年05月29日
ISBN:978-4-19-864623-3
判型/仕様:四六判
定価:本体1,750円+税

 内容紹介

自衛隊がついに空母を保有する方針を打ち出した。『いずも』型護衛艦を改造すれば垂直離着陸可能な「F-35B」を搭載する空母はすぐにも実現できる。しかし、『いずも』には弱点が……。『拡大しらね』型護衛艦を軽空母として活用すれば、より効果的に南シナ海などにおける中共の軍事活動を封じることが可能となる。朝鮮半島危機以後の安全保障やAI技術の動向など激変する環境を先取りし、日本がサバイバルできる自衛隊の装備とは何かを提言する。

 著者プロフィール

兵頭二十八
1960年長野市生まれ。函館市在住。陸上自衛隊北部方面隊に2年間勤務した後、神奈川大学英語英文科、東京工業大学社会工学専攻博士前期課程(江頭淳夫研究室)、月刊『戦車マガジン』編集部などを経て、現在は著述業。著書に、『「日本国憲法」廃棄論』『日本人が知らない軍事学の常識』『兵頭二十八の農業安保論』『兵頭二十八の防衛白書2016』(以上、草思社)、『新訳 孫子』『[新訳]フロンティヌス戦術書』『「日本陸海軍」失敗の本質』(以上、PHP研究所)、『有坂銃』『たんたんたたた』(以上、光人社NF文庫)、『AI戦争論』(飛鳥新社)、『東京と神戸に核ミサイルが落ちたとき所沢と大阪はどうなる』(講談社+α新書)、『日本史の謎は地政学で解ける』(祥伝社)、『「地政学」は殺傷力のある武器である。』『日本の兵器が世界を救う』(以上、徳間書店)など。

 関連書籍