一般書&ムック

大久保利通 

西郷どんを屠った男

河合敦/著


発売日:2018年02月28日
ISBN:978-4-19-864548-9
判型/仕様:新書判
定価:本体926円+税

 内容紹介

大久保利通は日本の近代化の基礎をつくった偉大な政治家でありながら、なぜか日本人には、あまり人気がない。おそらくそれは、かつての盟友で、絶大な人気を誇る大西郷を屠ったからだろう。西郷が英雄化するためには、大久保という敵役が必要なのである。大久保を氷のような専制主義者として強調すればするほど、西郷が対照的な人物として、浮かび上がってくるわけだ。本書は、この構造の真実を象徴的なエピソードを挟みながら、劇的に描くことになる。

 著者プロフィール

河合敦
『世界一受けたい授業』(日本テレビ系列)での、歯切れよく、かつ丁寧な解説が人気の歴史研究家・多摩大学客員教授・早稲田大学講師。1965年、東京都生まれ。1997年の単著デビューから現在までの刊行点数は実に137点を数える。『岩崎弥太郎と三菱四代』(幻冬舎新書)などベストセラーも数多い。