一般書&ムック

NEW!

現場川柳 ライバルは昔同期で今はロボ

ものづくりは気合と悲哀だ!

現場川柳委員会/編集 見ル野栄司/著


発売日:2017年10月12日
ISBN:978-4-19-864495-6
判型/仕様:四六判変型
定価:本体1,000円+税

 内容紹介

現場【げんば】……働く人たちの喜びや熱気や哀愁があふれる場所、つまり人生そのものが凝縮される場所。
ものづくり“現場”の最前線をとらえた「現場川柳」はまさに日本の縮図。無口だが腕利きの職人、身勝手な社長や上司、徹夜のプログラマー、再雇用のテクノロ爺――。個性的な面々が織りなす、笑いと感動の渦。大ヒットコミック『シブすぎ技術に男泣き!』見ル野栄司のマンガによる、絶妙コラボでお贈りします!働く人すべての共感必至!

 著者プロフィール

現場川柳委員会
産業用センサメーカー、オプテックス・エフエー株式会社(本社・京都市下京区)によって2014年に設立。ものづくりに携わる、製造・開発設計・物流・営業などの“現場”をモチーフにした「現場川柳」の公募と選考を行う。公募期間は「センサの日」(10月3日)にちなみ、毎年10月3日から12月中旬まで。

 著者プロフィール

見ル野栄司
1971年生まれ。日本工学院専門学校メカトロニクス科卒業。半導体製造装置などの設計開発の会社に9年間勤務後、2000年、漫画雑誌『月刊IKKI』に「東京ソレノイド」を発表して漫画家デビュー。理工系ものづくりの人々の姿を描いたコミックエッセイ『シブすぎ技術に男泣き!』がベストセラーとなる。現在、雑誌やテレビなどで幅広く活躍。「現場川柳」の特別選考委員も務める。