文芸書

武蔵 六

花村萬月/著


発売日:2017年06月08日
ISBN:978-4-19-864417-8
判型/仕様:四六判
定価:本体1,850円+税

 内容紹介

最愛の人を喪った武蔵は、笑みを絶やさなかった。それは鉄壁の鎧のごとくであって、余人の付け入る隙を与えぬがためである。
槍術の達人・宝蔵院胤栄、そして天下の剣豪・柳生石舟斎とあいまみえながら見据えるのは佐々木小次郎の姿。ときに憎しみに近い妬心を、ときに身を捩りたくなるような懐かしさを覚えさせる男。
いざ、決戦のとき。衝撃と感涙のクライマックスに向けて物語は猛然と突き進む。
堂々のシリーズ最終巻!

 著者プロフィール

花村萬月
1955年東京都生まれ。89年、『ゴッド・ブレイス物語』で小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。98年、『皆月』で吉川英治文学新人賞、『ゲルマニウムの夜』で芥川賞を受賞。『ブルース』『笑う山崎』『ワルツ』『弾正星』『いまのはなんだ? 地獄かな』『ロック・オブ・モーゼス』『完本信長私記』『日蝕えつきる』など著書多数。

 関連書籍