一般書&ムック

トランプ大恐慌

ウォール街からの警告

大竹愼一/著


発売日:2017年05月23日
ISBN:978-4-19-864410-9
判型/仕様:四六判
定価:本体1,500円+税

 内容紹介

米株市場はテックリーダー株(IT関連)の時価総額の肥大化によって異常事態を呈しており、市場のクオリティを著しく落としている。つまり暴落、間近かだ。賢明な投資家たちはみな市場から逃げ出している。ニューヨークダウ2万ドル超えをあおる日本のマスコミにはウォール街の裏事情が読み切れず議会と折り合わないトランプの大型公共投資等の政策に強い期待を抱く。米国バブルが崩壊すればアベノミクスもその道連れになる―。

 著者プロフィール

大竹愼一
米国在住。日・米・欧で30年以上第一線で活躍する辣腕ファンドマネジャー。一橋大学大学院経済学研究科博士課程修了後、ドイツのケルン大学、イギリスLSEに留学。野村総合研究所研究員、ロンドンのチェース・インヴェスターズ、ニューヨークのAIGグローバル・インヴェスターズを得て独立。欧米ファンドのグローバル株部門でトップクオーターを続ける成績をあげる。これまで訪問した日米の会社は1500社を超え、その徹底した独自の取材力と現場主には定評がある。著書に『おカネの法則』『世界金融恐慌序曲』『2017 暴走するマネー 恐慌化する世界』他多数あり。

 関連書籍