一般書&ムック

中国と韓国は息を吐くように嘘をつく

高山正之/著


発売日:2017年05月17日
ISBN:978-4-19-864406-2
判型/仕様:四六判
定価:本体1,300円+税

 内容紹介

日本の悪口を世界中で言ってまわって顰蹙を買った韓国の朴槿恵大統領は自滅した。いまも偉そうに日本の歴史にいちゃもんをつける中国の習近平もいずれ同じ運命をたどるだろう。中国の言いなりだったオバマ大統領ですら中国・韓国の嘘に騙されなくなった。中韓がわめけばわめくほどその品のなさに驚きあきれ、ようやく世界は儒教国家のタチの悪さに気がついた。とかくこの世界は見かけとは違う。本当のワルは誰なのかがよくわかる痛快エッセイ。

 著者プロフィール

高山正之
1942年東京生まれ。1965年東京都立大卒業後、産経新聞社入社。社会部次長を経て、1985年から1987年までテヘラン支局長、1992年から1996年までロサンゼルス支局長。1998年より3年間、「高山正之の異見自在」を執筆。2001年から2007年まで帝京大学教授を務める。『週刊新潮』連載の「変見自在」など名コラムニストとして著名。著書に『朝日は今日も腹黒い』(新潮社)、『アメリカと中国は偉そうに嘘をつく』(徳間書店)など多数。

 関連書籍