一般書&ムック

叛骨 最後の極道・竹中武

山平重樹/著


発売日:2017年04月28日
ISBN:978-4-19-864397-3
判型/仕様:四六判
定価:本体1,800円+税

 内容紹介

分裂で揺れる山口組がかつて経験した大分裂抗争「山一抗争」。発端は1985年1月に起きた一和会系ヒットマンによる四代目山口組・竹中正久組長射殺事件だが、その竹中四代目の実弟で、竹中組組長として08年に他界した竹中武の生涯を、豊富なエピソードと躍動感のある筆致で描く実録小説。一和会への報復に執念を燃やすあまり山口組から離脱、ついには山口組から攻撃されるが、それにも耐え抜き、独立組織を守り通した男の生き様が鮮やかに蘇る!

 著者プロフィール

山平重樹
著者】山平重樹(やまだいら・しげき)1953年生まれ。著書にベストセラーになった「ヤクザに学ぶ」シリーズなど多数。アウトロー評伝に定評があり、映像化作品も多い。徳間書店の近著は「連合赤軍物語 紅炎」(徳間文庫、2011年)、「高倉健と任侠映画」(徳間文庫カレッジ、15年)、「異端者たちの最期」(15年)

 関連書籍