一般書&ムック

米国混乱の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる

保護主義化する世界で高まる「中華帝国」への敵意と嫌悪

宮崎正弘/著


発売日:2017年03月18日
ISBN:978-4-19-864366-9
判型/仕様:四六判
定価:本体1,000円+税

 内容紹介

トランプの保護主義に米国では混乱が広がっている。これをほくそ笑む中国だが、外貨準備高の枯渇、資本逃避が激化している。軍事費7%増、1兆元を突破しアジア覇権を狙う中国は、THAADで韓国に対する圧力を高めるが、北朝鮮情勢の急変などで米中対決は避けられなくなる! 2017年秋の中国党大会で何が起こるのか?保護主義化する世界で起きている中国排除の動きとは? 中国経済は崩壊するのか? 各国を取材する著者が中国の今後を読む!

 著者プロフィール

宮崎正弘
1946年、石川県金沢生まれ。評論家。早稲田大学中退。「日本学生新聞」編集長、雑誌『浪曼』企画室長、貿易会社経営などを経て、1982年『もうひとつの資源戦争』(講談社)で論壇デビュー。中国ウォッチャーとして知られ、全省にわたり独自の取材活動を続けている。著書に『世界から嫌われる中国と韓国感謝される日本』(徳間書店)、『「中国の時代」は終わった』(海竜社)など多数。

 関連書籍