文芸書

優しい水

日明恩/著


発売日:2017年03月28日
ISBN:978-4-19-864362-1
判型/仕様:四六判
定価:本体1,900円+税

 内容紹介

両親の離婚を機に母の故郷へと引っ越してきた中学生の石塚洋は、近所の川で捨てられたと思しき熱帯魚を見つけた。洋は魚の引き取り所の存在を知り持ち込もうとするものの魚は全滅してしまう。悲しみにくれる洋だったが、魚を入れていたバケツの水の中に”白いもやもやしたもの”を見つけ「魚を殺した原因かもしれない」と観察を始めた。そして喧しい近所の犬、仲良くなれない友達にその水を飲ませることにして……。見えざるモノが日本を揺るがす!

 著者プロフィール

日明恩
神奈川県生まれ。日本女子大学卒業後、2002年『それでも、警官は微笑う』で第25回メフィスト賞を受賞しデビュー。著書に『そして、警官は奔る』『やがて、警官は微睡る』『それでも、警官は微笑う』『鎮火報 Fire'sout』『埋み火 Fire'sout』『ギフト』『ロード&ゴー』『啓火心Fire'sOut』がある。