文芸書

眠れない夜は体を脱いで

彩瀬まる/著


発売日:2017年02月08日
ISBN:978-4-19-864345-4
判型/仕様:四六判
定価:本体1,600円+税

 内容紹介

手が好きなので、あなたの手を見せてください!――不思議なノリで盛り上がる、深夜の掲示板。そこに集う人々は、日々積み重なっていく小さな違和感に、窮屈さを覚えていた。ほんとの俺ってなんだ――「小鳥の爪先」女という性になじめない――「あざが薄れるころ」不安や醜さが免除されている子はずるい――「マリアを愛する」社会の約束事を無視するなんて――「鮮やかな熱病」俺はいつも取り繕ってばかりだな――「真夜中のストーリー」連作短篇集。

 著者プロフィール

彩瀬まる
1986年千葉県千葉市生まれ。上智大学文学部卒業後、会社勤務を経て2010「花に眩む」で「女による女のためのR-18文学賞」読者賞を受賞しデビュー。2012年東日本大震災の被災記『暗い夜、星を数えて』で注目を集める。その他著書に『あのひとは蜘蛛を潰せない』など。今注目の新鋭。