一般書&ムック

おじさん仏教

小池龍之介/著


発売日:2016年11月24日
ISBN:978-4-19-864295-2
判型/仕様:四六判
定価:本体1,300円+税

 内容紹介

おじさんはなぜ悩ましいのか。後悔、寂しさ、家族、仕事、お金、老後、街で集めた中高年男性の悩みに小池龍之介氏が仏道の視座から説く。そもそも「おじさん」って何? 実は老若男女の心に巣食う煩悩こそ「おじさん」だった――仏教の八正道の教えから詳細解説。ベストセラー『おじさん図鑑』のなかむらるみ氏による愛すべきおじさんイラスト多数、蛭子能収氏の悩みを聞く特別対談も収録。世の全てのおじさんと、おじさんを理解したい全ての人に。

 著者プロフィール

小池龍之介
1978年生まれ。山口県出身。僧侶。月読寺(神奈川県鎌倉市)住職、東京大学教養学部卒。2003年、ウェブサイト「家出空間」を立ち上げる。2003年より07年まで、お寺とカフェの機能を兼ね備えた『iedecafe』を展開。以後、自身の修行を続けながら、一般向けに坐禅指導を行う。著書に『考えない練習』『ブッダにならう 苦しまない練習』『超訳ブッダの言葉』『沈黙入門』『もう、怒らない』などがある。