一般書&ムック

実録 異端者たちの最期

山平重樹/著


発売日:2015年12月24日
ISBN:978-4-19-864078-1
判型/仕様:四六判
定価:本体1,200円+税

 内容紹介

 中上健次、笠原和夫、壇一雄、若山富三郎、鶴田浩二、川谷拓三、横山やすし、ポール牧、たこ八郎、大場政夫、津田恒美、新井将敬、野村秋介、唐牛健太郎、沢田教一、竹中正久……破天荒に美しく「太く」生ききった各界の伝説の男たち。日本に強烈な印象を与えた彼ら「型破りで異端な」男たちの「激動の生涯」と、事故、自決、病死と死因はさまざまだがそれぞれにドラマチックな「死に様」に、男の肚の括り方を学ぶ!

 著者プロフィール

山平重樹
1953年生まれ。著書にベストセラーになった「ヤクザに学ぶ」シリーズなど多数。アウトロー評伝に定評があり、映像化作品も多い。近著は「連合赤軍物語 紅炎」(徳間文庫・2011年)、戦後アウトローの生き様(双葉新書、13年)、「高倉健と任侠映画」(徳間文庫カレッジ・15年)など。

 関連書籍