文芸書

番神の梅

藤原緋沙子/著


発売日:2015年10月09日
ISBN:978-4-19-864029-3
判型/仕様:四六判
定価:本体1,700円+税

 内容紹介

桑名藩から越後の柏崎陣屋へ! 夫の渡部鉄之助を支え、子供を産み、育て、貧しい暮らしを強いられた、下級武士の妻の紀久。おんな盛りにもかかわらず、古着一枚の着物も買えず生活に困窮する紀久を支えたのは一本の梅の苗木だった。「この梅が花をつける頃、桑名に戻れる」紀久は桑名へ戻れるのか?望郷の念が胸を衝く、珠玉の時代小説!

 著者プロフィール

藤原緋沙子
高知県生まれ。立命館大学文学部史学科卒業。小松左京主催、「創翔塾」出身。「隅田川御用帳」シリーズ、『橋廻り同心・平七郎控」シリーズ、「藍染袴お匙帖」シリーズなどがあり、2013年『隅田川御用帳』で第2回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞受賞。

 関連書籍