一般書&ムック

GHQ焚書図書開封11

維新の源流としての水戸学

西尾幹二/著


発売日:2015年08月28日
ISBN:978-4-19-863995-2
判型/仕様:四六判
定価:本体1,800円+税

 内容紹介

「水戸学」とは何であったのか――。勤王の志士たちを動かし近代日本を生み出す原動力となった水戸学だが、戦後GHQによる焚書の対象となり、その歴史的研究もタブー視されてきた。
そこでいま、徳川光圀『大日本史』から藤田幽谷、東湖、会沢正志斎、『新論』『弘道館記述義』などに関する焚書を紐解き、強固な徳川幕藩体制の中にあって内部から体制を壊す力となった「水戸学」をわかりやすく読み解いた。水戸学を知る入門書として最適!

 著者プロフィール

西尾幹二
昭和10年生まれ。東京大学文学部独文科卒。同大学院文学修士課程を修了。文学博士。電気通信大学名誉教授。評論家。著書に『ニーチェ』『国民の歴史』『国家と謝罪』『江戸のダイナミズム』等多数。平成23年より『西尾幹二全集』が国書刊行会より順次刊行されている。

 関連書籍