一般書&ムック

世界に分断と対立を撒き散らす経済の罠

ジョセフ・E・スティグリッツ/著 峯村利哉/訳


発売日:2015年05月29日
ISBN:978-4-19-863946-4
判型/仕様:四六判
定価:本体2,100円+税

 内容紹介

世界各地でさまざまな対立や紛争が起きているが、その背景には、グローバル化や行きすぎた自由主義による格差拡大と社会の分断にある。超巨大格差はいかに生まれ、今後、どのような深刻な事態を引き起こすのか。TPPや規制緩和に潜む危険性とは? そして欧米、中国、日本など世界経済はどこへ向かうのか? ノーベル経済賞学者が、トマ・ピケティの論などを引き合いに出しながら、世界の変化と、その解決策を提示する。

 著者プロフィール

ジョセフ・E・スティグリッツ
2001年「情報の経済学」を築き上げた貢献によりノーベル経済学賞受賞。1943年米国インディアナ州生まれ。エール大学はじめオックスフォード、プリンストン、スタンフォード大学で教鞭をとる。1993年クリントン政権の大統領経済諮問委員会に参加、95年より委員長に就任し、アメリカの経済政策の運営にたずさわった。97年に辞任後、世界銀行の上級副総裁兼チーフエコノミストを2000年1月まで務める。行動する経済学者として、世界を巡りながら経済の現状を取材し、市場万能の考え方を強く批判している。

 著者プロフィール

峯村利哉
1965年生まれ。青山学院大学国際政治経済学部国際政治学科卒。英米の翻訳で活躍。

 関連書籍