文芸書

断裂回廊

逢坂剛/著


発売日:2015年03月20日
ISBN:978-4-19-863920-4
判型/仕様:四六判
定価:本体1,700円+税

 内容紹介

北朝鮮不正送金の疑い、スポーツジム襲撃事件など、不審な行動が目立つ宗教団体クルパジャ。公安調査庁は団体規制法を視野に入れ、調査を始めた。公安調査官の殿村三春は、教団と関係が深いと見られる在日朝鮮人二世の兼松一成を尾行。その最中に、兼松は何者かに刺されてしまう。「クズワに渡してくれ」という言葉とともに三春に託されたUSBメモリ。そこには一体何が。陰謀が張り巡らされた傑作長篇ミステリー!

 著者プロフィール

逢坂剛
1943年、東京都生まれ。中央大学法学部卒業後、博報堂に入社。’80年、「暗殺者グラナダに死す」で第19回オール讀物推理小説新人賞を受賞。’86年刊行の『カディスの赤い星』で第96回直木賞、第40回日本推理作家協会賞、第5回日本冒険小説協会大賞をトリプル受賞。’97年より専業作家。2001年6月から’05年5月まで日本推理作家協会理事長を務めた。’13年、第17回日本ミステリー文学大賞受賞。