文芸書

朽ちないサクラ

柚月裕子/著


発売日:2015年02月10日
ISBN:978-4-19-863905-1
判型/仕様:四六判
定価:本体1,600円+税

 内容紹介

米崎県警平井中央署生活安全課が被害届の受理を引き延ばし、慰安旅行に出かけた末に、ストーカー殺人を未然に防げなかったと、新聞にスクープされた。県警広報広聴課で働いて4年、森口泉は、嫌な予感が頭から離れない。親友の新聞記者、千佳が漏らしたのか? 「お願い、信じて」そして、千佳は殺された――。県警広報課事務の私に、何ができる? 大藪春彦賞作家、異色の警察小説。

 著者プロフィール

柚月裕子
1968年岩手県生まれ。文芸評論家・池上冬樹氏が開く「小説家になろう講座」受講をきっかけに小説を書き始める。2008年『臨床真理』で第7回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞しデビュー。12年『検事の本懐』で第25回山本周五郎賞候補ならびに第15回大藪春彦賞受賞。