一般書&ムック

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

宝槻泰伸/著


発売日:2014年08月23日
ISBN:978-4-19-863842-9
判型/仕様:四六判
定価:本体1,400円+税

 内容紹介

家庭教育に心血を注いだ、ある強烈なオヤジと家族の物語。わが子を育てるために、良い学校や良い塾を選んだり、海外で育てたり…「わが子に合う学習環境はどこに?」と普通の人なら考えるが、このオヤジはついに、「自分の子どもは自分の力で育てる!」というモットーを貫き通す!
《教科書はマンガとテレビ》《子どもと一緒に遊ぶ》《自分の友だちを子どもに紹介する》《何も教えない!》など、目からウロコが落ちまくる家庭教育論としても最適の書!

 著者プロフィール

宝槻泰伸
強烈なオヤジの教育から、高校退学〜大検取得〜京大進学という特異な経歴を持つ。大学在学中に参加した塾で、生徒の心に火を付ける大切さを学ぶ。大学卒業後すぐに起業し、2年間高校で特別講師として教壇に立つ。職業訓練校では、主婦やシニアに社会人基礎力を教える講座が好評を得て、20拠点で実施。また、東京の4つの図書館と連携して高校生が社会人と一緒に仕事について学べる仕組みをつくりつつ、企業研修・教員研修の講師も務める。これらの経験を踏まえて、“探究型の学び”を子どもに伝えようと故郷・東京都三鷹市で塾を開校。3年目を迎えた現在、3教室で約200名の生徒が通う塾に。3児の父。(探究学舎http://tanqgakusha.jp/、探究レシピhttp://tanqrecipe.com/)。

 関連書籍