一般書&ムック

たけし金言集

~あるいは資料として現代北野武秘語録

アル北郷/著


発売日:2014年05月27日
ISBN:978-4-19-863798-9
判型/仕様:新書判
定価:本体1,000円+税

 内容紹介

芸人、さらには映画監督として、これまでビートたけしが発する言葉は世間に影響を与えてきた。しかし、表舞台では決して聞かれない発言にこそ、実は「たけしの金言」が埋もれていたのである。間近で見聞きしているからこそ生々しく、「チ○ポ」連発でバカバカしくも神々しい金言の数々――。ここまでビートたけしの素の部分を詳細に晒した文献は今までない。ビートたけしのファンであるならば、資料として保存しておく価値がある1冊となるだろう。

 著者プロフィール

アル北郷
71年、東京都生まれ。96年、ビートたけしに弟子入り。3カ月間の運転手期間を経て、03年まで付き人となる。側近となって以来、殿が発する〝自慢〟〝構想〟〝欲望〟〝要求〟〝怒り〟〝愚痴〟などなど、多くの貴重な言葉を間近で見聞きし続けてきた。08年、映画「アキレスと亀」で「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在は、芸人としてだけではなく、TBS系「情報7daysニュースキャスター」などで殿のブレーンとしても精力的に活躍している。