一般書&ムック

誰も書かなかった 武豊 決断

島田明宏/著


発売日:2014年04月16日
ISBN:978-4-19-863791-0
判型/仕様:四六判
定価:本体1,300円+税

 内容紹介

20年来の“心友“作家が初めて明かす、天才・武豊「苦難の日々」の真実!有名馬主との確執から悪夢の落馬事故、そしてどん底のスランプまで。天才は何を悩み、「決断」したのか?逆境から這い上がるまでの「心の軌跡」全記録!「逆境に負けない」天才が明かした復活までの「葛藤」「苦悩」「心の声」がすべてわかる1冊。

第1章 宿命~なぜ「武豊」は美しくしなやかなのか?~
第2章 伝説~「心をあやつる技術」はこうして生まれた~
第3章 戦略~名馬が育てた「勝つ思考力」~
第4章 理論~試行錯誤でつかんだ「勝利のセオリー」~
第5章 野望~それでも「世界と戦う」理由とは何か?~
第6章 重圧~「究極の精神」はいかにして鍛えられたか~
第7章 逆境~あの「どん底」で何を思ったのか?~
第8章 決断~いま「武豊」が考えていること

 著者プロフィール

島田明宏
1964(昭和39)年、北海道札幌市生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科中退。早大在学中より放送作家、フリーライターとして執筆活動。90年から武豊騎手の米国遠征に同行し、親交を深める。「優駿」「週刊ギャロップ」などに寄稿し、「うまレター」「ネット競馬」「NumberWeb」などで連載コラムを持つ。著書に『「武豊」の瞬間』(99年、集英社文庫)、『ウオッカ物語』(10年、廣済堂出版)ほか多数。競馬小説「下総御料牧場の春」で第26回さきがけ文学賞選奨、『消えた天才騎手最年少ダービージョッキー・前田長吉の奇跡』(白夜書房)で2011年度JRA賞馬事文化賞を受賞。

 関連書籍