文芸書

武蔵 三

花村萬月/著


発売日:2013年10月10日
ISBN:978-4-19-863687-6
判型/仕様:四六判
定価:本体1,600円+税

 内容紹介

天下の声望を集める徳川家康に対し、反旗を画策中と噂される石田三成。風雲急を告げる世情のなか、弁之助は豪族継嗣にして、手裏剣術の達人である然茂ノ介とともに武者修行に出る。
ふたりを待ち受けるのは硬軟自在の武芸者・秋山兄弟、そして彦山で猖獗を極める山賊――。壮絶な命の遣り取りを経て、やがて弁之助は小次郎と運命の再会を果たす。武の真髄をめぐる苦悩、開眼、死闘。強烈なる魂の遍歴。比類なき傑作剣豪小説、待望の第三巻!

 著者プロフィール

花村萬月
1955年、東京生れ。89年『ゴッド・ブレイス物語』で小説すばる新人賞を受賞。98年『皆月』で吉川英治文学新人賞を、『ゲルマニウムの夜』で芥川賞を受賞。『よろづ情ノ字薬種控』『希望(仮)』『萬月な日々』『色』ほか著書多数。

 関連書籍