文芸書

神去なあなあ夜話

三浦しをん/著


発売日:2012年11月29日
ISBN:978-4-19-863506-0
判型/仕様:四六判
定価:本体1,500円+税

 内容紹介

『舟を編む』で、辞書を作るお仕事小説が本屋大賞受賞し、爆発的ベストセラーとなった三浦しをんが読者に送るお仕事小説は林業を題材にした『神去なあなあ日常』の第二弾!
100年単位で、次世代へ続く作業をしている林業の現場に放り込まれた平野勇気も神去村で1年が過ぎ、20歳になった。
山仕事にもなれ、好きな直紀さんと過ごすこともある。けど二人の仲は進展しない。ところがある日、二人で散歩の途中、村の墓場で不思議な事を発見……。

 関連書籍