文芸書

舞鶴の海を愛した男

西村京太郎/著


発売日:2019年12月10日
ISBN:978-4-19-850988-0
判型/仕様:新書判
定価:本体880円+税

 内容紹介

十津川警部、引揚船と消えた財宝の謎に挑む!?

天橋立近くの浜で男の溺死体が発見された。
右横腹に古い銃創があり顔には整形のあとが残されていた。
死の数日前、若狭湾冠島周辺の海面をドローンで撮影する男の姿が目撃されていた。
そんな折、十津川警部が舞鶴警察署を訪れる
。東京月島で五年前に起きた銃撃事件に、溺死した大竹昭一が関わっていた可能性があるという。
大竹は、なぜ舞鶴の海に関心を持っていたのか。
捜査が進むなか突如、若狭湾の調査に乗り出す海洋資源調査会社が現われ……。

第一章 若狭湾
第二章 昭和二十年八月十九日
第三章 新たな参加者
第四章 七十四年前の罠
第五章 回顧昭和二十年八月
第六章 軍と市民と海と
第七章 犯罪オークション
第八章 静けさを取り戻した海

 著者プロフィール

西村京太郎
1930年東京都生まれ。都立電機工業学校卒業後、人事院に勤務。63年『歪んだ朝』で第2回オール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。65年『天使の傷痕』で第11回江戸川乱歩賞を受賞。78年にはトラベル・ミステリーブームの先駆けとなる『寝台特急殺人事件』を発表、ベストセラーに。2005年第8回日本ミステリー大賞を受賞。十津川警部シリーズなどトラベルミステリ-から社会派推理まで幅広く活躍、読者の絶大な支持を受け、著作は620冊を超える。

 関連書籍