文芸書

黒白の起点

飛驒高山殺意の交差

梓林太郎/著


発売日:2019年10月09日
ISBN:978-4-19-850985-9
判型/仕様:新書判
定価:本体900円+税

 内容紹介

この女、一体、何人殺ったんだ!? 

札幌・飛騨高山・上高地…流行作家と
その秘書がたどり着いた真相!

書下し長篇旅情ミステリー

小森甚治は流行作家・野山遊介の秘書だ。
野山が書き散らした原稿を整えたり、
作品に必要な取材をして資料を準備したりするのが
仕事である。

ある日、野山は偶然新宿で知り合った
ホームレスの男から興味深い話を聞き、
作品にしたい欲求にかられる。
小森はその男からさらに話を聞くことを
依頼されるが、男は失踪し、やがて上高地の梓川で
死体で発見された!? 

調査を進めるうちに、男が経営していた
札幌のクラブのホステスで、
高山出身の女がいることが判明する。

飛騨高山で交差する連続殺人事件の真相は? 
書下し長篇。

 著者プロフィール

梓林太郎
1933年長野県生まれ。80年『九月の渓で』で第3回エンターテイメント小説大賞受賞。長年の登山経験を活かした山岳ミステリーや、都会人の複雑な人間模様を主題にした作品に定評がある。『百名山殺人事件』『白神山地殺人事件』等著書多数。

 関連書籍