文芸書

松本-鹿児島殺人連鎖

人情刑事・道原伝吉

梓林太郎/著


発売日:2018年09月07日
ISBN:978-4-19-850979-8
判型/仕様:新書判
定価:本体900円+税

 内容紹介

松本市内の繁華街で、不動産会社社長・船田慎士が殺された。いつも2~3百万円の現金をいれて持ち歩いていたバッグが奪われていた。捜査がなかなか進展しないなか、今度はやはり松本市内で、昼は洋品店に勤め夜もホステスとして働いていた、三池かなえが殺された。二人とも鹿児島の出身者だったのだ。単なる物取りではなく、事件のカギが鹿児島にあると感じた道原伝吉は鹿児島に飛ぶがそこで予想外の事実に直面する!? 長編書下ろし。

 著者プロフィール

梓林太郎
1933年長野県生まれ。80年『九月の渓で』で第3回エンターテイメント小説大賞受賞。長年の登山経験を活かした山岳ミステリーや、都会人の複雑な人間模様を主題にした作品に定評がある。『百名山殺人事件』『白神山地殺人事件』等著書多数。

 関連書籍