文芸書

十津川警部 鹿島臨海鉄道殺人ルート

十津川警部 日本縦断長篇ベスト選集 44[茨城]

西村京太郎/著


発売日:2015年02月10日
ISBN:978-4-19-850956-9
判型/仕様:新書判
定価:本体860円+税

 内容紹介

剣道の全国大会で優勝し、そのお礼のため鹿島神宮に木刀を奉納した刑事の横井哲は、その後、水戸で殺人事件に巻き込まれ逮捕されてしまった! 一方、東京の上野公園では、鹿島新当流の使い手である松平優が突然、名刀の誉れ高い備前長船で路上の人々に襲いかかった。犯行の動機は? 十津川警部の捜査によって、日本刀を使った連続殺人事件が次々と明らかになるが…。
巻末連載「寝台特急トワイライトエクスプレスを爆破せよ」完結!!

 著者プロフィール

西村京太郎
1930年東京都生まれ。都立電機工業学校卒業後、人事院に勤務。63年『歪んだ朝』で第2回オール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。65年『天使の傷痕』で第11回江戸川乱歩賞を受賞。78年にはトラベル・ミステリーブームの先駆けとなる『寝台特急殺人事件』を発表、ベストセラーに。2005年第8回日本ミステリー大賞を受賞。十津川警部シリーズなどトラベルミステリ-から社会派推理まで幅広く活躍、読者の絶大な支持を受け、現在著作は550冊を超える。

 関連書籍