文芸書

熱海・湯河原殺人事件

十津川警部 日本縦断長篇ベスト選集 40[神奈川]

西村京太郎/著


発売日:2014年09月10日
ISBN:978-4-19-850949-1
判型/仕様:新書判
定価:本体860円+税

 内容紹介

熱海と湯河原でクラブを経営していた美人ママを絞殺し、六年の刑期を終えて出所した小早川が熱海に帰ってきた。小早川の出現により、平穏な温泉町に得体の知れない緊張が走る。そして二週間後、湯河原に住む公認会計士が、熱海のホテルで何者かに射殺された。そんな折、警視庁の十津川警部が、一月前に東京の成城で起きた幼女誘拐事件の密疑者として小早川に接近するが、さらに連続殺人が…。

 著者プロフィール

西村京太郎
1930年東京都生まれ。65年『天使の傷痕』で第10回江戸川乱歩賞、2004年第8回日本ミステリー文学大賞受賞。十津川警部ものなどトラベルミステリ-から社会派まで幅広く活躍。読者の絶大な支持を受けている。著作が530冊を超えた。

 関連書籍