文芸書

尾道・倉敷殺人ルート

十津川警部 日本縦断長篇ベスト選集 38[広島]

西村京太郎/著


発売日:2014年07月09日
ISBN:978-4-19-850946-0
判型/仕様:新書判
定価:本体860円+税

 内容紹介

新宿から倉敷へ向かう観光バスが、消息を絶った。乗客の中には、十津川班の日下刑事の両親もいたのだ! ツアーを企画した旅行会社には、身代金一億円が要求されたが、三日後、バスは解放。乗客・乗員に、バスジャックとは気づかれぬまま起きた事件は、容疑者の男女が事故死を遂げ、解決の様相を見せた。しかし、空白の三日間の謎を追う十津川の前に、第二の殺人が……!?

 著者プロフィール

西村京太郎
1930年東京都生まれ。65年『天使の傷痕』で第10回江戸川乱歩賞、2004年第8回日本ミステリー文学大賞受賞。十津川警部ものなどトラベルミステリ-から社会派まで幅広く活躍。読者の絶大な支持を受けている。著作が520冊を超えた。

 関連書籍