文芸書

外房線 60秒の罠

十津川警部 日本縦断長篇ベスト選集 37[千葉]

西村京太郎/著


発売日:2014年06月11日
ISBN:978-4-19-850945-3
判型/仕様:新書判
定価:本体860円+税

 内容紹介

殺された恋人との思い出をたどり、南房総の旅に出かけた井口勲は、安房鴨川駅前の喫茶店で橋爪亜希と名乗る女性と出会う。彼女は携帯のカメラで井口を撮影し、名刺を受け取る。数日後、東京・井の頭公園で亜希が絞殺体で発見された。携帯と名刺から井口が容疑者として浮かぶが、遺体と対面した彼は、自分が出会った女性とは別人だと主張し…。

 著者プロフィール

西村京太郎
1930年東京都生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞、81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞、2004年日本ミステリー文学大賞を受賞。十津川警部ものなどトラベルミステリ-から社会派まで幅広く活躍。読者の絶大な支持を受けている。著作は500冊を超えた。

 関連書籍